医療用と同濃度インドメタシン0.5%配合ハップ剤「メンフラ・クール〈IM〉」新発売

2003年2月12日

メンフラ・クール商品画像


大正製薬株式会社(社長 上原 明)は、鎮痛・消炎成分のインドメタシンを医療用と同濃度0.5%配合したハップ剤「メンフラ・クール〈IM〉」を3月下旬より発売開始いたします。

これまでインドメタシン0.375%配合のハップ剤は市販されておりましたが、医療用と同濃度の0.5%は大衆薬では初めてとなります。
「メンフラ・クール〈IM〉」は、発痛増強物質であるプロスタグランジンの生成を抑え、筋肉痛、関節痛、肩こり、腰痛、打撲、捻挫などの痛みにすぐれた効果をあらわします。タテ・ヨコ・斜めによく伸びて、激しい動きにもピッタリフィットします。貼っていてもにおいが気にならない冷感タイプのハップ剤です。

1936年に鎮痛・消炎外用剤の「メンフラ」ブランドを発売して以来、本年で66年目となります。これまで鎮痛・消炎外用剤として生活者の皆さまのニーズにお応え出来るように、新剤型の開発や処方変更などをおこない、シリーズの強化を図ってまいりました。
今回発売の「メンフラ・クール〈IM〉」が加わることにより、さらに充実したメンフラシリーズとなりました。


◇製品特長

大衆薬ではじめて医療用と同濃度のインドメタシン0.5%を配合したハップ剤
伸縮性・付着性に優れ激しい動きにもピッタリフィット
使い残りの乾燥を防ぐチャック袋付き

◇製品概要
製  品  名 メンフラ・クール〈IM〉
希望小売価格 10枚入り 1,100円
成    分
膏体100g中(1000c?)  
インドメタシン 0.5g
効    能 筋肉痛、関節痛、肩こりに伴う肩の痛み、腰痛、腱鞘炎(手・手首の痛み)、肘の痛み(テニス肘等)、打撲、捻挫
用法・用量 プラスチックフィルムをはがし、1日2回を限度として患部に貼ってください。
発  売  日 平成15年3月下旬
初年度目標 5億円(発売より1年間)