つらい下痢に新処方の下痢止め薬「ピタリット」新発売

2003年2月10日


ピタリット商品画像


大正製薬株式会社(社長 上原 明)は、医療用で広く使用されている成分
「塩酸ロペラミド」と消化酵素「ビオヂアスターゼ2000」、殺菌剤「塩化ベルベリン」を配合した下痢止め薬「ピタリット」を2月17日に発売いたします。

下痢は、腸内の水分量の増加や腸の過剰運動により起こります。
「ピタリット」の有効成分である「塩酸ロペラミド」は腸液の分泌を抑制するとともに、腸管運動を抑制して下痢を改善します。これに加え、消化酵素「ビオヂアスターゼ2000」が未消化物の消化を促進して食べすぎ・飲みすぎによる下痢を改善し、殺菌剤「塩化ベルベリン」が腸内の腐敗・発酵を抑えて食あたり・水あたりを改善します。

「塩酸ロペラミド」は医療用で下痢に多く処方されている効きめのすぐれた成分です。「ピタリット」はこの成分に消化酵素、殺菌剤を配合するという大衆薬として初めての処方設計による小型のフィルムコーティング錠で、つらい下痢に効果を発揮します。

「ピタリット」は15才以上の大人専用となります。今回の発売により、当社の下痢止め薬は殺菌成分を主体とした「大正下痢止め」とあわせて2種類となります。


◇製品特長
医療用で広く使用されている「塩酸ロペラミド」を配合
大衆薬では初めて消化酵素と殺菌剤を配合し、つらい下痢に効果を発揮
15才以上の大人専用の下痢止め薬


◇製品概要
製  品  名 ピタリット
希望小売価格 12錠入り 1,450円
成    分
(2錠中)  
塩酸ロペラミド 0.5mg
塩化ベルベリン 75mg
ビオヂアスターゼ2000 45mg
ビタミンB1硝酸塩 7.5mg
ビタミンB2 3mg
効    能 下痢、食べすぎ・飲みすぎによる下痢、寝冷えによる下痢、
腹痛を伴う下痢、食あたり、水あたり、軟便
用法・用量 次の量を服用してください。
下痢が止まれば服用しないでください。
服用間隔は4時間以上おいてください。
年齢 1回量 服用回数
15才以上 2錠 1日2回
15才未満 服用しないこと
発  売  日 平成15年2月17日
初年度目標 2億円(発売日から1年間)