「センパア」ブランド50周年
水なしでスッと溶ける小児用乗りもの酔い止め薬

2003年2月7日


センパアQT<ジュニア>商品画像


大正製薬株式会社(社長 上原 明)は、小児用乗りもの酔い止め薬「センパアQT〈ジュニア〉」を2月17日に発売いたします。

「センパアQT〈ジュニア〉」は、水にふれるとすばやく溶ける≪Zydis技術≫を採用しました。これにより乗りものに酔っているときやお子さまでも、口の中の唾液ですぐに溶けてのみやすく、水で服用する必要がなくなりました。
当社が行った生活者調査では、乗りもの酔い止め薬に望むこととして「水なしですぐのめて携帯にも便利」「効きめがよい」「酔ってからでも効く」といった声が多く聞かれました。今回発売の「センパアQT〈ジュニア〉」は、このような生活者ニーズにお応えできる乗りもの酔い止め薬です。

1953年に乗りもの酔い止め薬「センパア」ブランドを発売して以来、今年で50周年を迎えることになります。乗りもの酔い止め薬のトップブランドとして生活者のニーズにお応え出来るように、これまで新剤形の開発や処方変更などをおこない、シリーズの強化を図って参りました。
今回発売の「センパアQT〈ジュニア〉」が加わることによりさらに充実したセンパアシリーズとなりました。

≪Zydis技術≫とは
英国のアール・ピー・シーラー社(RP Scherer Corporation)が世界に広く特許を持つ医薬品製造技術です。インスタントコーヒーなどのフリーズドライ製法を応用した技術で、液体を凍らせてから乾燥することにより、水に触れるとすばやく溶ける無数の穴のあいたスポンジ状の固体となります。


◇製品特長
水なしでスッと溶ける錠剤(Zydis技術)
乗りものに酔ってからでも効く処方
のみやすいいちご味

◇製品概要
製  品  名 センパアQT〈ジュニア〉
希望小売価格 6錠入り 650円
成    分 (2錠中)
d-マレイン酸クロルフェニラミン 1.32mg
臭化水素酸スコポラミン 0.16mg
効    能 乗物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和
用法・用量 次の量を口中で溶かして服用してください。
乗物酔いの予防には乗車船30分前に1回量を服用します。
なお、必要に応じて追加服用する場合には、1回量を4時間以上の間隔をおき服用してください。
年令 1回量 服用回数
11~14才 2錠 1日2回まで
5~10才 1錠
5才未満 服用しないこと
発  売  日 平成15年2月17日
初年度目標 1億円(発売日から1年間)