抗真菌剤「塩酸アモロルフィン」のスイッチOTC薬
「トークール」(杏林製品名)、「ダマリンエース」(大正製品名)販売開始のお知らせ

2003年1月16日



杏林製薬株式会社(社長 荻原郁夫)と大正製薬株式会社(社長 上原明)は、このたび抗真菌剤(一般名:塩酸アモロルフィン 製品名:ペキロンクリーム)のスイッチOTC薬を「トークール」(杏林製薬)、「ダマリンエース」(大正製薬)のブランドで1月23日より発売いたします。

「塩酸アモロルフィン」は、杏林製薬(株)が1994年2月に医療用医薬品として「ペキロンクリーム」の製品名で上市し、唯一のモルホリン系の抗真菌剤として臨床における評価を得てまいりました。近年セルフメディケーションが進展する中、両社は「塩酸アモロルフィン」のスイッチOTC化に合意し、杏林製薬(株)が、2002年10月に製造承認を取得いたしました。

大正製薬(株)では、昭和63年に医療用として広く使われていた「硝酸ミコナゾール」を一般用医薬品に用いたスイッチOTC「ダマリン」「ダマリン液」を発売して以来、水虫薬のトップブランドとして市場のニーズにお応え出来るように、スプレー剤など、新剤型の開発や処方変更などをおこなってまいりました。
また、平成14年2月には「硝酸ミコナゾール」に、殺菌成分をはじめとする4種の有効成分をプラスした、「ダマリンLハイ」「ダマリンL液ハイ」を投入。更に今回ダマリンエースを発売し、シリーズの一層の強化、充実を図ることにいたします。

この「トークール」と「ダマリンエース」は、両社にとって期待の大きいOTC初登場の有効成分「塩酸アモロルフィン」配合の新世代水虫薬です。

なお、ダマリンエースにつきましては杏林製薬(株)が大正製薬(株)に最終製品を供給いたします。 


◇製品概要
製 品 名 杏林製薬:トークール 大正製薬:ダマリンエース
希望小売価格
トークール 10g:1,900円 20g:2,600円
ダマリンエース 10g:1,900円 20g:2,600円
成分・分量 (1g中)塩酸アモロルフィン 5.575mg
(アモロルフィンとして5mg)
効   能 水虫、いんきんたむし、ぜにたむし
用法・用量 1日1回、適量を患部に塗布してください。
特   長 有効成分塩酸アモロルフィンを主成分としたクリーム剤で、白癬菌の細胞膜合成を2つのステップでブロックして白癬菌を殺菌し、治療効果を発揮します。
発 売 日 平成15年1月23日
初年度目標
トークール
2億円(出荷額、発売より1年間)
ダマリンエース
15億円(出荷額、発売より1年間)