山之内製薬と医薬品創製のための共同研究に関する契約を締結

2001年8月6日



大正製薬株式会社(社長:上原 明、本社:東京都豊島区)と山之内製薬株式会社(社長:竹中 登一、本社:東京都中央区)は、8月2日、医薬品の創製を目的とした化合物スクリーニング、化合物の合成、生物学的評価に関し、両社で共同研究を実施していく旨の契約を締結しました。

この目的は、両社が持つ創薬のアイデアを交換し、双方の化合物ライブラリーを利用すること等によって、開発化合物創出のチャンスの拡大とスピードアップを図ることにあります。

今回の契約締結により、新薬創製の可能性が拡大され、ひいてはわが国における医療への貢献につながるものと期待しています。

最初は、糖尿病薬の創製を目的とした共同研究を推進しますが、今後はこれに限らず新しい研究課題の提案は双方から随時行い、合意が得られたものについて共同研究を行うことになります。

大正製薬は、一般用医薬品においては日本ではトップ、世界でもナンバー2の企業ですが、医療用医薬品分野においても自社の研究開発力の強化に努めるとともに、国内外の企業との提携も積極的に展開している最中です。

山之内製薬は、従来より研究開発の質とスピードを高めるために、製薬企業やベンチャー企業、大学など数多くの外部機関と積極的な研究開発提携を進めております。今後も、自社体制の充実とあわせさらに創薬研究を強化して、画期的新薬をパイプラインにそろえていく方針です。


山之内製薬株式会社(Yamanouchi Pharmaceutical Co.,Ltd)
設立年月 1923年4月
本社所在地 東京都中央区日本橋本町2-3-11
連結売上高 約4579億円(2001年3月)
連結社員数 約9300名
社   長 竹中 登一
主たる事業 医薬品、医薬部外品、食品、医療用機械器具の製造・販売、および輸出入