「リポビタンD」発売40周年を記念
滋養強壮成分「牛黄(ゴオウ)」配合医薬品ドリンク剤「リポビタンD II」発売

2001年4月11日





大正製薬(社長 上原 明)は、ドリンク剤のトップ商品「リポビタンD」の発売40周年を記念して、滋養強壮効果の高い生薬「牛黄(ゴオウ)」を配合した医薬品ドリンク剤「リポビタンD II」(100mL 160円)を4月16日より新発売いたします。

「リポビタンD II」は、ドリンク剤のトップ商品「リポビタンD」の処方をベースに滋養強壮生薬である「牛黄」を、1本160円という低希望小売価格品として初めて配合した医薬品ドリンク剤です。「牛黄」は胆汁酸やアミノ酸を多く含み、古来より不老長寿の高貴薬として珍重されている生薬です。

1999年のドリンク剤販売規制緩和策により、コンビニエンスストアなどを中心にドリンク剤市場は急速に拡大し、特に20代を中心とした若年層の新規ユーザーが増えてまいりました。その若年層のニーズは今まで以上に厳しく、より新規ドリンクユーザーのニーズにマッチしたアップグレード製品が求められるようになってまいりました。そこで、「より高級感、効き目感」があって、「マイルドな飲み心地」で、「求めやすい希望小売価格」の「リポビタンD II」を発売いたします。

大正製薬では、1962年3月に日本初のドリンク剤「リポビタンD」を発売して以来、生活者のニーズを満たす滋養強壮ドリンク剤の開発に日々取り組んでおります。その発売から40年に渡るノウハウを活かし、今後もドリンク剤のリーディングカンパニーとして生活者視点に立った製品開発を進めてまいります。

また、2001年度は「リポビタンD」発売40周年として様々な取組みを行う予定となっており、その第一弾として「リポビタンD II」を発売することとなりました。