[ IT時代の目のつかれ ] ピント調節機能改善剤配合「アイリスネオ」発売

2001年2月21日




大正製薬(社長 上原 明)は、IT時代の疲れ目の主原因である「毛様体 筋疲労」に着目した新目薬、クールなさし心地の「アイリスネオ〈クール〉」 (14mL 880円)と、ソフトなさし心地の「アイリスネオ〈ソフト〉」(同)を 2月22日より新発売いたします。

パソコンなどの使用が日常的になっているIT時代は、仕事などでパソコン画面に目が釘付けになることが多いと言われています。その時の目の状態は、画面にしっかりとピントを合わせるため、目のピン ト調節機能を司る毛様体筋が働き続けてしまい、その結果、目が疲れてし まいます。

「アイリスネオ」はそのような「IT時代」の目の疲れに対応し、ピント調節機能改善剤「メチル硫酸ネオスチグミン」、さらには、栄養成分のタウリンやビタミンE、B6などを基準最大量配合した、まさに現代人の目のつ かれに合わせた処方にいたしました。

当社調査により、目が疲れて目薬をさす時の好きなさし心地には、男女とも2つの大きなボリュームゾーンがあることが分かりました。「アイリスネオ」は、この2大ボリュームゾーンにスキッとしたクールなさし心地の「アイリスネオ〈クール〉」、ス~ッとソフトなさし心地の「アイリスネオ〈ソフト〉」の2つの点眼感を用意し、好みに合ったさし心地感 を選んでいただけるシリーズとなります。

また、製品特長・さし心地・液の色・ボトルの形状など、生活者が目薬を選ぶときに欲しい情報が一目で分かるように、情報提供型の新パッケージを採用いたしました。

◇製品特長
毛様体筋に直接働くピント調節改善剤「メチル硫酸ネオスチグミン」 を基準最大量配合
目の新陳代謝を盛んにするビタミン・アミノ酸を基準最大量配合
好みで選べる「クールタイプ」・「ソフトタイプ」の2つの点眼感
目薬を選ぶときの欲しい情報が一目で分かる、情報提供型新パッケージ採用


◇製品概要
製 品 名 アイリスネオ〈クール〉、アイリスネオ〈ソフト〉
容量・希望小売価格 各14mL・880円(税抜き)
成   分 メチル硫酸ネオスチグミン 0.005%
酢酸d-alfa-トコフェロール(天然型ビタミンE) 0.05%
塩酸ピリドキシン(ビタミンB6) 0.1%
アミノエチルスルホン酸(タウリン)  1.0%
L-アスパラギン酸カリウム 1.0%
効   能 目のつかれ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感
発 売 日 平成13年2月22日
初年度目標 2品合わせて 15億円(出荷額)