‘巨大市場’中国におけるドリンク剤の前線基地
大正製薬 北京オフィスを開設

2000年8月10日



大正製薬(社長 上原 明)は、このたび、北京に駐在員事務所を開設いたしました。

当事務所は、中国におけるドリンク剤の市場調査などマーケティング活動の拠点として設け、当社のドリンク剤事業の世界戦略の一端を担います。

中国は12億以上の人口を有し、今後も高い経済成長が期待される巨大マーケットです。当社もドリンク剤の世界戦略として中国を最も重要なターゲットの一つとして捉えており、既に香港については子会社の香港大正有限公司が、また上海など華東地区を中心とした地域は、同じく子会社の上海冠生園大正有限公司が販売活動を行っています。さらに広州などの華南地区ならびに天津・北京などの華北地区については販売代理店を通じて販売活動を行っており、中国で人口及び経済活動が集中する沿岸地域をほぼカバーしています。

なお、海外に展開している現地法人は現在13ありますが、当社が海外に開設した事務所(または支店)としては、ロンドン(支店・イギリス)、ニュージャージー(アメリカ)、ミラノ(イタリア)に続き北京で4カ所になります。
当社はこれらの海外拠点を中心に、今後も主力のドリンク剤事業をはじめとして、医薬事業についてもバイオベンチャーとの提携など積極的に海外での事業展開を図っていきます。

◇北京駐在員事務所の概要
正式名称 日本大正製薬株式会社 北京代表処
TAISHO PHARMACEUTICAL CO.,LTD.
BEIJING REPRESENTATIVE OFFICE
住  所 北京市朝陽区建国門外大街甲26号
長富宮弁公楼212室
Room 212 Chang Fu Gong Center
26, Jian Guo Men Wai St.
Beijing, China 100022
代表者 川田 雅俊


★中国で販売されているリポビタン(中国名:力保美達)