ペースト状骨充填材「バイオペックス(R)」の新発売について

2000年6月6日





大正製薬株式会社(本社:東京都、社長:上原 明、資本金:298億円)とウェルファイド株式会社(本社:大阪市、社長:鎌倉 昭雄、資本金:214億円)は、三菱マテリアル株式会社(本社:東京都、社長:秋元 勇巳、資本金:993億円)が開発した、ペースト状骨充填材「バイオペックス(R)」を、平成12年6月14日に新発売致します。
販売はウェルファイド株式会社が、学術宣伝は大正製薬株式会社とウェルファイド株式会社が共同でおこないます。なお、粉剤の製造は三菱マテリアル株式会社が、専用液については大洋薬品工業株式会社(本社:名古屋市、社長:新谷 重樹)がおこないます。

「バイオペックス(R)」は、ペースト状骨充填材であり、骨欠損部の補修、整復を要する骨折部の補修・固定、金属製螺子等の人工材料の固定、セメントレス人工関節と骨母床間の間隙の充填を目的として使用した場合、特定保険医療材料として保険適用となります。

本剤は、使用時に粉剤と液剤を混合して使用します。これが硬化するまでの時間は約10分間であり、生体内に充填するまでは流動可能なペースト状で、注入器等を用い骨内への注入を可能としています。充填後は早期に硬化し、必要とする部位に留置できるという特徴を有します。
高齢化の進行に伴い、骨粗鬆症などによる骨折等が増加していますが、「バイオペックス(R)」は、このような疾患に対する治療材料に最適で、骨折部固定期間の短縮による患者さんのクオリテイー・オブ・ライフ(生活の質)の向上に大きく寄与するものと期待しております。

尚、当社は本剤の本年度売上高を約16億と見込んでおります。

◇製品概要
販 売 名 バイオペックス(R) (BIOPEX)
特   徴 (1) ペースト状で使用できるため、注入器による充填が可能です。
(2) 充填後、速やかに硬化し、硬化後は十分な強度が得られます。
(3) 生体内でハイドロキシアパタイトに変化するため、優れた骨伝導性、生体適合性及び骨修復性を有します。
(4) ペースト状又は粘土状で使用できるため、補填部の形状を選ばず、幅広い臨床応用が可能です。
組   成 粉剤(10g中)
 α型リン酸三カルシウム 7.50g
 リン酸四カルシウム 1.80g
 リン酸水素カルシウム 0.50g
 水酸アパタイト 0.20g
専用練和液(1ml中)
 コンドロイチン硫酸ナトリウム 54.05mg
 コハク酸二ナトリウム無水物 129.72mg
 注射用水 適量
使用目的 (1) 骨欠損部の補修
(2) 整復を要する骨折部の補修・固定
(3) 金属製螺子等の人工材料の固定
(4) セメントレス人工関節と骨母床間の間隙の充填
保険適用 骨髄炎、骨・関節感染症、慢性関節疾患、代謝性骨疾患、外傷性骨疾患若しくは骨腫瘍の病巣掻爬後の補填に用いた場合、これらの疾患の治療のために自家骨移植を行った結果その欠損部位の補填を目的として使用した場合、頭蓋欠損部若しくは骨窓部の充填に使用した場合又は鼓室形成術に使用した場合、特定保険医療材料(その他の骨・関節修復及び欠損綴用人工材料)として保険適用となります。
包装形態 3ccセット
(粉剤5g1本、専用練和液4ml1本、専用注入器付属)
6ccセット
(粉剤10g1本、専用練和液4ml1本、専用注入器付属)
* 粉剤及び専用注入器はγ線滅菌、専用練和液は無菌濾過滅菌
※尚、製品標準希望小売価格は、3ccセットが75,000円、6ccセットが144,000円となっております。