大正製薬 第5期工場再開発計画を開始

2000年4月27日



大正製薬(社長 上原 明)は、4月より工場再開発計画の第5期工事を開始しました。
岡山工場のドリンク剤生産ラインの増設、ならびに大宮工場内の物流センター及び品質管理棟の建設を決定し、それぞれの起工式を、4月13日に大宮工場内で、19日に岡山工場内で行いました。

これらの施設の建設は、各施設のリニューアルにとどまらず、規制緩和に伴うドリンク剤の需要増大、消費者ニーズの多様化、さらには国際化の進展に伴うグローバルスタンダードでの品質の確保、といった様々な時代の要請に中長期的に対応していく事を目的としたものです。

岡山工場は、ドリンク剤の需要増大への対応と消費者ニーズの多様化に対応するために、既存ラインに加え、新たに4ラインを増設します。これにより大幅な生産能力のアップとともに、ドリンク剤に加え50ml等のミニドリンク剤の生産も可能となります。こうした増築を行う一方で、新システムの導入により省力化を図り、ライン増設後も現在と同程度の人員で稼働させることが可能です。

大宮物流センターは、既存設備のスクラップに伴い、新たな物流センターを建築します。無人搬送車やピースソーターシステムなど、最新システムの導入により自動化を促進し、受注から出荷までの一連の作業を一段と効率化、迅速化することが可能となります。

大宮工場品質管理棟は、精密測定装置の拡充と試験室環境のグレードアップを実施の上、今後とも高レベルの品質管理を継続して行っていくことを目的に新設します。完成後には品質保証・生産技術部門を一ヵ所に集約することで、品質管理と生産機能の効率化を図ります。


◇岡山工場増設の概要



名  称 株式会社 岡山工場
所在地 岡山県勝田郡勝央町太平台33-2
TEL 0868-38-6131
生産品目 現 在 100ミリドリンク各種
増設後 100ミリ及び50ドリンク各種
敷地面積 40,000m2(12,000坪)
建築面積 現 在 10,820m2(3,280坪)
増設後 23,480m2(7,120坪)
延床面積 現 在 26,070m2(7,900坪)
増設後 50,090m2(15,180坪)
総 工 費 約135億円
生産能力 増設4ライン:日産/100万本
施  工 鹿島建設、澁谷工業
着  工 平成12年4月
竣  工 平成13年11月


◇大宮物流センター、大宮工場品質管理棟の概要



名  称 大正製薬 大宮物流センター
所在地 埼玉県大宮市吉野町1-403
TEL 048-663-1111
業務内容 商品の在庫、出荷等の物流管理
建築面積 8,600m2(2,600坪)
延床面積 38,270m2(11,600坪)
自動倉庫 15,000棚
総 工 費 約70億円
施  工 鹿島建設、石川島播磨重工業
着  工 平成12年7月
竣  工 平成14年5月


名  称 大正製薬 大宮工場品質管理棟
所在地 埼玉県大宮市吉野町1-403
TEL 048-663-1111
業務内容 製品の品質管理、検査など
建築面積 2,000m2(600坪)
延床面積 12,120m2(3,680坪)
総 工 費 約35億円
着  工 戸田建設
着  工 平成12年7月
竣  工 平成13年9月