ベトナムで「リポビタン」の現地生産開始

1999年12月5日





大正製薬(社長 上原 明)は、ベトナム社会主義共和国カインホア省に健康飲料「リポビタン」の製造販売会社、ベトナム大正(TAISHO VIETNAM Co.,Ltd.)を設立し、「リポビタンハニー」(250ml)の生産を開始いたしました。

大正製薬では1962年(昭和37年)にドリンク剤の第1号「リポビタンD」を発売し、その後、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン等東南アジア各国で積極的な事業展開を行い、東南アジアにおいて「エナジードリンク」という新しいドリンク剤の市場を創生してまいりました。

ベトナムにおいては、1996年末よりマレーシアからの輸入という形で「リポビタンハニー」の販売を開始しており、1998年中旬より現地企業のスイテン社と事業協力を行い、販路拡大を図りながら売上を順調に伸ばしてまいりました。

人口8000万人を擁するベトナムの今後の成長性と「リポビタンハニー」の順調な販売推移を考慮し、一層の事業拡大のために現地に於ける生産が必要と判断し、良質な水が得られ、輸送の為の立地条件に優れているカインホア省で「リポビタンハニー」を製造する事にいたしました。

「エナジードリンク」市場は東南アジアのみならず、アメリカ及びイギリスを始めとするヨーロッパにおいても近年急拡大しております。
大正製薬では「生活者の健康の維持・増進に貢献する」とした企業理念に基づきセルフメディケーションの振興に努めてまいりましたが、世界に高く評価されている健康飲料「リポビタン」を中心に、今後も事業の発展を目指してまいります。

◇「リポビタンハニー」製品概要
容  量 缶入り250ml
認可番号 YT-'99
認可取得 1999年8月
希望小売価格 6,500ドン(100ドン≒0.9円)
販売目標 2000年 1,000万缶


◇「ベトナム大正」会社概要
設 立 1999年7月
資本金 980万USドル
出資比率 大正製薬100%
本店所在地 カインホア省デェンカン県
代表者 北原賢治(大正製薬 外国1部主任)
役員構成 取締役 服部正男(アセアン統括本部長)


◇工場概要
所在地 本店と同じ
敷地面積 45,000cm2(有効面積 38,000cm2
建築面積 7,600cm2
従業員数 35人
生産品目 「リポビタンハニー」(250ml 缶入り)