医療用成分ソファルコンを大衆薬に転用
「アバロンS」新発売

1998年9月30日



「アバロンS」 大正製薬(社長 上原 明)は、胃の痛みや胃部不快感などの症状に優れた効き目のある、ソファルコン配合のスイッチOTC胃腸薬「アバロンS」を平成10年10月1日から発売します。

「アバロンS」は、当社開発の医療用成分ソファルコンがあれた胃粘膜を保護・修復し、ケイ酸アルミン酸マグネシウムなど3種の制酸剤が出過ぎた胃酸を抑える、不快な胃の症状を和らげ荒れた胃を粘膜から治す胃腸薬です。

胃粘膜は常に強力な胃酸にさらされており、わずか0.5~2.5mmの粘液層が胃酸から胃粘膜をガードしております。この粘液層と胃酸のバランスが崩れたとき、胃粘膜障害が発生します。
「アバロンS」の主成分ソファルコンには胃粘膜のプロスタグランジンの量を増やすことにより粘液の量を増やし、粘液の質を高めるなどの働きがあります。

大正製薬では、1978年に「大正漢方胃腸薬」、1985年に「新大正胃腸薬」、1997年には「大正エスブロックZ」を発売し、様々な症状を訴える生活者のニーズに応えた胃腸薬シリーズの充実を目指して参りましたが、今回「アバロンS」の発売で胃腸薬としてフルラインナップを揃えることにより一層の充実が図られます。


●製品特長
(1)粘膜修復: 医療用からスイッチした成分、ソファルコンが胃酸に負けない粘液バリアー層を形成し、あれた胃粘膜を修復。
(2)制酸効果: 3種の制酸剤が出過ぎた胃酸をまず中和。そして抑制。


●製品の概要
商品名 アバロンS
包装・希望小売価格 12包 1,100円、24包 1,980円
成 分 1包(1.3g)中
ソファルコン 100mg、ケイ酸アルミン酸マグネシウム 300mg、
炭酸水素ナトリウム 200mg、ロートエキス3倍散 30mg(ロートエキスとして10mg)
添加物としてポリオキシエチレンソルビタンモノオレエート、香料を含有
効能・効果 胃痛、胃部不快感、はきけ(胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、嘔気)、胸やけ、飲みすぎ、胃酸過多、胃部膨満感、胃もたれ、胃重、胸つかえ、げっぷ、嘔吐
用法・用量 15才以上1回1包
1日3回、食間又は就寝前に服用してください。
発売日 平成10年10月1日
初年度目標 15億円


●参考資料 医療用成分ソファルコンについて

漢薬「広豆根(こうずこん)*」の成分検索から、有効成分ソフォラジンを見出し、その成分の構造活性相関の研究から開発されたのがソファルコンです。
本成分は、胃粘膜の防御機構を強化し、胃粘膜を保護し、組織修復を促進する医療用胃炎・胃潰瘍治療薬です。
ソファルコンが生み出す様々な胃粘膜の防御因子増強作用は、有効成分ソフォラジンのもつカルコン骨格を基本とする新規構造に由来しています。
当社では、昭和58年よりソファルコン配合の防御系胃潰瘍治療薬「ソロン」を医療用医薬品として発売し、医療現場でご愛顧いただいております。

*広豆根(こうずこん)
 学名:ソフォラ・サブプロストラタ
 科名:マメ科
 分布:中国南部(広西省等)
 薬効:中国において消化器疾患の治療等に用いられている。