大正製薬ロンドン支店・開設

1997年9月16日



平成9年8月より、従来のロンドン駐在員事務所を格上げし、ロンドン支店として開設しました。

ロンドン支店(支店長:荘司  隆一)の主な業務は、英国を中心とした欧州での臨床試験を推進していくことにあります。
当面の開発品目は、精神分裂病治療薬(開発番号NE-100)で、現地のCRO(開発業務受託機関)を活用して、第2相の臨床試験を行っています。その後は、脳循環改善薬、循環器用剤、抗リウマチ剤などの臨床試験を予定しています。

海外での臨床試験は、ICH(薬事規制のハーモナイゼーションに関する国際会議)の進展により、年々活発化する傾向にあります。大正製薬では、今後日米欧3極による臨床試験データの相互利用が予想されることから、平成9年には英国で、10年には米国での臨床拠点を設け、臨床試験を開始し3極同時開発体制を整える予定です。

●ロンドン支店所在地
1 Hay Hill, Barkeley Square, London