大正製薬羽生工場・完成

1997年9月5日



羽生工場 リポビタンDなどのドリンク剤専用工場として、平成7年10月から建設を進めてまいりました、羽生(はにゅう)工場が完成し、平成9年8月1日より操業を開始しました。

羽生工場は、大宮工場再開発計画(第三期計画)の一環として、また、災害時のリスク分散を目的として建設したものです。

埼玉県北部の羽生市羽生小松台工業団地内に、総工費約167億円を投入して建設しました当工場は、生産能力・日産110万本の能力を有します。敷地面積は36,470平方メートル(約11,000坪)、建築面積16,280平方メートル(約4,900坪)、延床面積35,560平方メートル(約10,750坪)を有するドリンク剤の専用工場です。また、東北道羽生インターチェンジの開通により、物流の拠点として大変便利な立地条件にあります。

羽生工場の生産設備には、需要に応じて100ミリドリンク剤、ミニドリンク剤の生産の切り替えが可能な、高速充填包装ラインを4ライン設置しました。また、ジャスト・イン・タイム方式を新たに導入した原材料供給装置と10,600パレットを有する自動倉庫などから構成されています。本工場で生産される製品は、名古屋以北の東日本全域に出荷されます。

●参考資料
埼玉県羽生(はにゅう)市 人口約56,000人 面積58.55平方キロメートル
羽生小松台工業団地 面積36.2ヘクタール 立地企業数33社
羽生市は上野から60km(約1時間)の距離にあり、平成4年3月には東北道羽生インターチェンジの開通で交通網が整備されました。


●羽生(はにゅう)工場概要
名称 大正製薬株式会社羽生工場
所在地 埼玉県羽生市小松台1-603-27
電話:0485-63-1121
生産品目 100ミリおよび50ミリドリンク剤各種
敷地面積 36,470平方メートル(約11,000坪)
建築面積 16,280平方メートル(約4,900坪)
延床面積 35,560平方メートル(約10,750坪)
従業員数 59名
総工費 約167億円
生産能力 日産/110万本
施 工 鹿島建設
着 工 平成7年10月26日
操業開始 平成9年8月1日