今、話題の冬虫夏草配合
[ゼナF-II スペリエ][ゼナF-II DX]新発売

1997年6月13日



ゼナ 平成9年6月13日、医薬品ミニドリンク剤[ゼナF-II スペリエ](1,200円)、[ゼナF-II DX](1,500円)を発売しました。

[ゼナF-II スペリエ]と[ゼナF-II DX]は、従来の[ゼナ]シリーズの処方をベースに、話題の“冬虫夏草(とうちゅうかそう)”を加えた合計14種の生薬を配合しています。冬虫夏草をはじめ、南米アマゾンの強壮生薬を独自抽出したムイラプアマエキス-Aなど、厳選した14種の生薬とタウリン、ビタミンB2、B6を配合し、すぐれた滋養強壮効果を発揮するミニドリンク剤です。

当社は、平成4年12月に[ゼナF-II](1,000円)、[ゼナF-III](3,000円)を、平成7年1月に[ゼナF-I](800円)を発売しています。[ゼナ]シリーズは、当社の長年にわたるドリンク剤開発技術をもとに、“疲れ”を研究した末に誕生したミニドリンク剤です。発売以来ご好評をいただき、ミニドリンク剤市場において、上位にランクされる製品に成長しています。新たに2品が加わって、さらに充実した[ゼナ]シリーズとなりました。

●製品の特長
1. 今話題の“冬虫夏草”を加えた東洋、西洋、アマゾンの複合処方
  a)冬虫夏草、人参、反鼻などの厳選した14種類の滋養強壮生薬
  b)南米の強壮生薬を、当社で独自抽出した“ムイラプアマエキス-A”
  c)タウリン、ビタミンB2、B6などを配合
  d)ボリユームのある生薬量(原生薬換算量)
   [ゼナF-II スペリエ]14種 計4,350mg
   [ゼナF-II DX] 14種 計4,500mg
2. [ゼナF-II スペリエ] 服用感のある飲みやすい風味
   [ゼナF-II DX] 効き目感のあるさわやかな風味

●製品の概要
製品名 ゼナF-II スペリエ ゼナF-II DX
成分 1本(50ml)中

■ゼナF-II スペリエ
トウチュウカソウ(冬虫夏草)流エキス 0.1ml(冬虫夏草100mgに相当)
ムイラプアマエキス-A 15mg(ムイラプアマ300mgに相当)
ジオウ(地黄)エキス-A 100mg(地黄200mgに相当)
クコシ(枸杞子)流エキス-A 0.2ml(枸杞子200mgに相当)
トウキ(当帰)流エキス 0.2ml(当帰200mgに相当)
ニンジン(人参)エキスM 90mg(人参600mgに相当)
オウギ(黄耆)流エキス 0.3ml(黄耆300mgに相当)
オウセイ(黄精)流エキス 0.3ml(黄精300mgに相当)
カンゾウ(甘草)エキス 37.5mg(甘草150mgに相当)
ロクジョウ(鹿茸)チンキ 1.08ml(鹿茸300mgに相当)
イカリソウ(淫羊かく)エキス 100mg(淫羊かく1000mgに相当)
ハンピ(反鼻)チンキ 1.25ml(反鼻250mgに相当)
ケイヒ(桂皮)流エキス 0.15ml(桂皮150mgに相当)
ブクリョウ(茯苓)エキス-A 9.6mg(茯苓300mgに相当)
タウリン(アミノエチルスルホン酸) 500mg
ビタミンB2リン酸エステル 5mg
ピタミンB6 5mg
無水カフェイン 50mg
(エチルアルコール1.1ml以下)

■ゼナF-II DX
トウチュウカソウ(冬虫夏草)流エキス 0.15ml(冬虫夏草150mgに相当)
ムイラプアマエキス-A 17.5mg(ムイラプアマ350mgに相当)
ジオウ(地黄)エキス-A 100mg(地黄200mgに相当)
クコシ(枸杞子)流エキス-A 0.2ml(枸杞子200mgに相当)
トウキ(当帰)流エキス 0.2ml(当帰200mgに相当)
ニンジン(人参)エキスM 90mg(人参600mgに相当)
オウギ(黄耆)流エキス 0.3ml(黄耆300mgに相当)
オウセイ(黄精)流エキス 0.3ml(黄精300mgに相当)
カンゾウ(甘草)エキス 37.5mg(甘草150mgに相当)
ロクジョウ(鹿茸)チンキ 1.08ml(鹿茸300mgに相当)
イカリソウ(淫羊かく)エキス 100mg(淫羊かく1000mgに相当)
ハンピ(反鼻)チンキ 1.5ml(反鼻300mgに相当)
ケイヒ(桂皮)流エキス 0.15ml(桂皮150mgに相当)
ブクリョウ(茯苓)エキス-A 9.6mg(茯苓300mgに相当)
タウリン(アミノエチルスルホン酸) 500mg
ビタミンB2リン酸エステル 5mg
ピタミンB6 5mg
(エチルアルコール1.2ml以下)
希望小売価格 ゼナF-II スペリエ 1本(50ml) 1,200円(税抜)
ゼナF-II DX 1本(50ml) 1,500円(税抜)
効能・効果 ☆滋養強壮 ☆虚弱体質 ☆肉体疲労・発熱性消耗性疾患・食欲不振・病中病後・栄養障害・妊娠授乳期などの場合の栄養補給
用法・用量 大人(15才以上)・1日1回1本(50ml)を服用
発売日 平成9年6月13日
販売目標額 2品で15億円(年間出荷額)


●参考資料
『冬虫夏草(とうちゅうかそう)とは』

◎昆虫に寄生したキノコの一種で冬の間は虫、夏には草になることから名付けられた。

冬虫夏草は、土中の昆虫の幼虫などに寄生して子実体を形成したものの総称。いろいろな昆虫に寄生しますが、なかでもコウモリガの幼虫に寄生したもののみが、医薬品として使用されます。3,500~5,000m級の高山で採取され、数も少ないため希少価値が高く、とくに中国中央部チベット高原のものが良品とされています。古くは、秦の始皇帝が不老長寿の薬として、楊貴妃は若返りの薬として飲んでいたといわれ、また、冬虫夏草を飲み続けた中国女子陸上チーム(馬軍団)は、1993年中国大運動会で世界記録を樹立。1994年広島アジア大会、1996年アトランタオリンピックでも圧勝したというエピソードがあります。
基源: バッカクキン科フユムシナツクサタケ
Cordyceps sinensis(コルディセプス シネンシス)の子実体およびコウモリガの幼虫の合体した乾燥品
産地: 中国(チベット高原)
成分: 水分10.84% 脂肪8.4%(飽和脂肪酸13.0%、不飽和脂肪酸82.2%)
粗たんぱく質25.32% 粗繊維18.53% 炭水化物28.9% 灰分4.1%


◎薬理作用
 1)心肺機能を高める
   強心作用 赤血球増加作用 気管支拡張作用 鎮咳作用
 2)疲労回復作用
 3)免疫調整作用