医薬事業(医療用医薬品)

「国際的に通用する独自の新薬開発」をテーマに
積極的な研究開発を進めています。

大正製薬グループは、医薬事業で新薬の創出力を高めるため、国内医療用医薬品の販売会社として、2002年に富山化学工業株式会社との合弁で大正富山医薬品株式会社を設立しています。この提携により、連結子会社である大正製薬株式会社が研究開発し上市させた新薬と、富山化学工業が創出した新薬の両方の販売を大正富山医薬品が手掛けられる体制となっています。

取り扱っている製品

大正富山医薬品では、感染症領域の治療薬や、炎症・免疫領域の治療薬、および代謝性疾患領域の治療薬を中心にラインアップしています。個々の製品については、大正富山医薬品のホームページをご覧ください。

新薬の研究開発

新薬の研究開発を進めている大正製薬では、「感染症」「整形外科疾患」「精神疾患」「代謝性疾患」を研究開発の重点領域をとし、経営資源を集中させることで、早期上市に向けた取り組みを行っています。また、国内外の企業や研究機関からの有望物質の導入や共同研究開発も進め、新薬のパイプラインの拡充に努めています。
大正製薬の新薬パイプラインについては、大正製薬ホールディングスのホームページをご覧ください。