便秘の仕組みについて
便秘が続くとどうなるの?

便秘が続いて便が腸内に長く停まると、体と心にさまざまな症状が出てきます。

  1. 腸内に悪玉菌が増える
  2. 骨盤内の血行が悪くなり、全身的に血行が悪くなる
  3. 自律神経の働きが乱れる

便秘が解消すると、こうした症状が連動してよくなるものです。

  • 肌あれ・吹出物
    スキンケアに気をつけているのに、肌の調子が今ひとつ…こんな人は、便秘が続いていることが多いもの。
  • イライラ・不快感
    心の元気と腸の健康には深い関係が。便秘が続くと精神的に不安定になりやすく、「出ない!」というストレスで、よけいに便秘がひどくなる場合も。
  • 肩こり・腰痛
    便秘で血行が悪くなり、疲労物質がたまりやすくなるために起こります。血行不良は、冷えやむくみ、月経不順などの原因にも。便秘は女性によくある不調の大敵です!
  • だるさ・疲労感
    腸の状態が悪いと、体がだるく疲れやすくなります。そのため動くのがおっくうになって、ついゴロゴロ…運動不足で便秘がますます悪化し、悪循環に陥りがち。
  • 腹痛・お腹の張り・食欲低下
    お腹がパンパンでおならが臭いなら、便やガスがたまっている証拠。便秘では胃の働きも悪くなって、食欲も低下しがちです。
  • 若い女性に増えている切れ痔の最大の原因は、便秘です。コチコチ便の人や、トイレでウーンと強くいきむ人は要注意!
便秘が続くとどうなるの?便秘が続くとどうなるの?

便秘がこんな症状を招くことも…

慢性的な便秘は、日本人に増えている大腸がんの原因の1つともいわれています。便秘によって腸内で増えた悪玉菌が発がん物質をつくり出し、がんのリスクが高くなると考えられているのです。また、便秘で腸内の細菌のバランスが崩れると、脂質や糖の分解や吸収に影響を及ぼし、以下のような生活習慣病も発症しやすくなります。たかが便秘と軽視できません。

  • 高脂血症 / 血液中のコレステロールや中性脂肪が増え過ぎている状態。
  • 動脈硬化 / 血管の内側にコレステロールなど脂質がたまって管が狭くなり、血流が滞る。
  • 糖尿病 / 血糖値を下げるインスリンの作用が低下し、血糖値の高い状態が続く。

便秘はお肌の大敵です

女性には、慢性の便秘に悩む人が多いもの。女性ホルモンの1つである黄体ホルモンには大腸のぜん動運動を抑える働きがあるため、黄体ホルモンの分泌量が増える月経前は、とくに便秘になりやすくなります。体の中で便秘によるトラブルを自覚しやすいところといえば、肌。腸のコンディションが悪いときは、肌の調子も悪く、気分もモヤモヤしがちです。お肌のためには、外側からのスキンケアだけでなく、便秘にならない生活を心がけることが大切です。

監修:
松枝 啓(まつえだ けい)先生

1943年生まれ。‘69年岡山大学医学部卒業。国立国際医療センター第一消化器科医長、教育部長、国立精神・神経センター国府台病院副院長を経て、現在、独立行政法人国立病院機構さいがた病院院長。専門は炎症性腸疾患、臨床栄養、消化管運動など。