メニュー

ヘルス&ビューティ情報

戻る

女性の疲れ こんなときには?

ヘルス&ビューティ情報 あなたの「キレイ」「元気を」応援しますヘルス&ビューティ情報 あなたの「キレイ」「元気を」応援します

女性の疲れ こんなときには?

あなたも、こんな疲れの悩みはありませんか?
様々なシーンに合わせてあなたの“疲れ”解消法をご紹介します!

  • 昨日は遅くまで残業、寝不足で、顧客先の応接室でついウトウトしそう…(31歳、営業職/女性)昨日は遅くまで残業、寝不足で、顧客先の応接室でついウトウトしそう…(31歳、営業職/女性)
    ツライ寝不足には、効率良く脳へ酸素を送ってあげるのが効果的!
    そのためには、脳へ酸素を運んでくれる赤血球を元気にしてあげましょう。
    鉄分を摂取することで、赤血球が活性化。
    効率良く酸素を取り入れることで、頭も身体も元気になります。
    寝不足の朝は、鉄分を多く含む食材を多く摂って、元気に会社へレッツゴー!
  • 最近飲み会が多くて、ちょっと身体に負担。今朝はお化粧のノリも悪くて困っちゃった。(26歳、営業職/女性)最近飲み会が多くて、ちょっと身体に負担。今朝はお化粧のノリも悪くて困っちゃった。(26歳、営業職/女性)
    お肌は主に22時~翌2時の間に新陳代謝が活性化するといわれています。
    だから、夜更かし・徹夜はお肌の大敵!
    どうしても遅くなってしまった翌朝は、お肌の新陳代謝を助けるビタミン類を多く摂りましょう。
    また、血行を促進することは、肌の新陳代謝を高め、体内のアルコールの分解を早めることにもつながります。
    鉄分をはじめとする血行促進に効果のある栄養素を摂ったり、身体を動かすのもオススメです。
  • 昨日は遅くまで残業、寝不足で、顧客先の応接室でついウトウトしそう…(31歳、営業職/女性)妊娠中、つわりがひどくて食欲がない。でも、食べなくちゃ、おなかの赤ちゃんにも良くないよね?(26歳、主婦/女性)
    妊娠中、おなかの赤ちゃんは血液を通して酸素や栄養を取り入れます。
    血液中で酸素を運ぶ赤血球、その働きを助けるのが鉄分です。特に、妊娠中は赤ちゃんへ酸素を送るため必要な赤血球の量が増加し、貧血になりがち。
    意識して、鉄分を摂取しましょう。
    食事を通してバランスよく取り入れるのが理想的ですが、料理はもちろん食事も辛いつわりの時期などには栄養補助食品・サプリメントなどを活用して、おなかの赤ちゃんもお母さんも元気に過ごしましょう!
  • 最近飲み会が多くて、ちょっと身体に負担。今朝はお化粧のノリも悪くて困っちゃった。(26歳、営業職/女性)土曜に子供の遠足に行って、月曜にはすごい筋肉痛。でも、ハイヒールで出社しなくちゃいけないのがツライ…。(29歳、企画職/女性)
    筋肉痛の予防には、日ごろから簡単な運動をしておくことと運動前に充分なストレッチを行うことが効果的。
    運動直後には筋肉を冷やして炎症を防ぎましょう。
    それでも筋肉痛になってしまった…というときには、ぬるめのお風呂にゆっくりとつかり、血行を促進するのが有効。
    また、手軽にできる対策として、鉄分をはじめミネラルなどの血行促進・新陳代謝を促す栄養素を積極的に摂るのも○。
    血行促進は、足のむくみにも有効な対策ですから、ハイヒールでの出勤で悩んでいる方はぜひお試しください。
  • 今年から後輩ができた!面倒も見てあげたいけど、まだ自分の仕事も精一杯…キャー、もっと落ち着いて考えなきゃ! (24歳、事務職/女性)今年から後輩ができた!面倒も見てあげたいけど、まだ自分の仕事も精一杯…キャー、もっと落ち着いて考えなきゃ! (24歳、事務職/女性)
    忙しさに任せて周囲を散らかしたままだと、心も落ち着かないもの。
    まずは、机の上や鞄の中、PCの中を整理してみるだけで、ずいぶん気持ちが落ち着きます。
    しかも、書類やデータの紛失も防げて一石二鳥!
    また、たくさんの仕事で脳が疲れてしまったら、集中力や判断力が低下してしまいます。
    そんなときは脳のエネルギーとなる糖分の摂取も効果的です。また、鉄分を摂取することにより、赤血球が活性化し、糖分から効率よくエネルギーが生み出され疲れもリフレッシュできます。
    忙しいときこそ鉄分を補給して、頼れる先輩を目指しましょう!
  • 休日、目が覚めたらもうお昼過ぎ。そのままゴロゴロして、お休みが終わっちゃった…。(28歳、制作職/女性)休日、目が覚めたらもうお昼過ぎ。そのままゴロゴロして、お休みが終わっちゃった…。(28歳、制作職/女性)
    睡眠時間は充分なはずなのに、なかなか起きられない、疲れが取れない…
    それは、深い眠りが足りないからかもしれません。
    目が冴えてなかなか寝付けない…なんていう夜にオススメなのが、足湯です。
    40℃程度のお湯を洗面器などに用意し、椅子に座って足首までお湯につけます。
    そのまま、15~20分程度で身体が温まり、心地良い深い眠りが得られます。
PAGE TOP